注文住宅で最も注意すべきことは?

注文住宅の費用は無理をしないこと

注文住宅は自分たちで好きな間取りを決められるのが大きな特徴で喜びでもあります。 自分の家族構成、趣味、生活にあった間取りを検討して形になっていく喜びはかなり嬉しいものですが、一生に一度の買い物だと言って無駄な設備、高額なのに無理をしてしまうのは考えものです。 なぜなら、オプションを増やしたり、ワンランクアップのものをチョイスしすぎるとあっという間に予算オーバーになってしまい、その結果費用がかさんで月々の住宅ローンの支払いが厳しくなるからです。最近は景気も悪くなってきましたので、ボーナスカットも珍しくなくなってきました。払えるだろうと思っていた金額が思わぬボーナスカットで苦しめられることもありますので、月々の収入で支払える金額に抑えたほうが無難です。一生に一度の買い物でも世の中の状況で支払いが困難にならないようにくれぐれも無理のしない範囲で計画して下さいね。

注文住宅の建築費以外に

注文住宅の建築費以外に、新築では様々な費用がかかってきます。 例えば税金や登録費用など何十万円もの金額がかかってきます。ですから、極力無理のない建築費用に収めておく方が無難です。 また、住宅の建築費用の他に、庭を作りたい、ガレージを作りたい、駐車場をコンクリートで固めて整備したいなど外向工事にもお金がかなりかかります。特に駐車場の場合は舗装をしないでおきますと雑草などが生えますので、しっかりとコンクリートで舗装されることをお勧めします。また、ガレージなどの設置費用もモノによりますが数十万円もの費用がかかります。また、玄関前の門扉の設置なども数十万円単位の費用がかかります。住宅以外にも意外と合算すれば百万円を超える費用がかかることが珍しくないですから、ある程度のお金の余裕は残しておかれることをお勧めすます。